So-net無料ブログ作成
検索選択

日本代表・武藤に続け!・・・注目選手(わたくし的) [サッカー]

スポンサードリンク




2011年慶應義塾はインカレベスト4の結果を残し、エスパルス河井陽介はじめ4名のJリーガーを輩出
KEIO.JPG
その後、2012年シーズン藤田息吹(清水エスパルス)、2013シーズン松下純土(松本⇒町田)が
プロの世界へ飛び立っていった

昨年、2013年関東リーグ1部
厳しい戦いは優勝だけではなく下位では1部残留争いの中に慶應義塾はいた
今、最も注目を集める、ニュースバリューのあるJリーガー武藤嘉紀もその中で戦っていた

前列一番左(背番号10)
muto2013hiyoshi.jpg
チーム一丸で残留を目指すスタンドには“無双嘉紀”のゲーフラが(2013年後期21節vs東洋大学)
keio04mitsuzawa.jpg
最終節一つ前、絶対に勝たねばならぬこの試合、武藤は決勝点となる2点目のゴール、突き放す3点目の
アシストとエースとしての存在感を見せた
結局、最終節引分けで自力残留決められずも、他校の結果でぎりぎりの残留を果たしたのだ!

チームとしての結果が伴わない中、エースとしての期待を背負ったプレッシャーとも戦った日々
2014年シーズン、最終学年となる武藤はソッカー部に退部届を提出、大学サッカーから飛び立ちFC東京



そして、そして、それに続け!と期待の選手を取り上げたいと思う

まず最終学年を迎え、おそらく来年はJ1のどこかでプレーしているであろう
専修大学4年 仲川輝人
専修nakagawa.jpg
小柄ながらもスピード、クイックネス、アジリティがすごい推進力のあるドリブルは
ボールタッチが早くて細かく、狭いスペースにも割って入り、相手DFが付いていけない感じ
昨シーズンはケルンに行った長澤(当時専修大4年)を差し置き得点王
観ていて楽しい選手!
マリサポの自分としては練習参加したこともあり、ぜひマリノスに入ってもらいたいとこだが、
浦和、川崎の練習参加もしているようなので、どこが獲得することになるか?



次はU-21代表にも選ばれた長友2世とも言われている
明治大学2年 室屋成
http://web.gekisaka.jp/player/?25501-12835-jp

すでにマリノスの練習参加もしております!
明治muroya.jpg

プロフィール
http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20140810-OHT1T50223.html
まだ2年ながらもSBとしてのプレー精度、豊富な運動量は圧倒的
大学サッカーでいつまで観られるのだろうか・・・というプロに近い一人



武藤が出てしまった慶應で期待するのは
慶應義塾大学3年 端山豪
ヴェルディユース出身のMF 2013年ヴェルディの特別強化選手としてJリーグデビューも飾っている
hayama-verdy.jpg
今シーズンはケガでの出遅れなどもあったが、後期いまひとつ波に乗れていないチームを
引っ張ってもらわなければいけない存在
”天才”と称されるテクニック、正確なキック
期待です!!!

プロフィール
http://web.gekisaka.jp/player/?24488-11284-jp



最後に自分の大好きなプレーヤー
慶應義塾大学4年  山浦新
yamaura1.jpg

プロフィール
http://web.gekisaka.jp/player/?25784-13215-jp
東京ヴェルディ・ユース“花の92年組”と言われた一人
http://www.footballchannel.jp/2014/02/18/post26942/
慶應では組織化されたディフェンスブロックからの素早いアプローチと読みの鋭さで相手ボールを奪い
卓越した技術で相手の逆をとるフェイントでボールを運び、チームの推進力を生み出す
もしプロに進まないとなると彼のプレーを観れるのもあとわずか・・・
ぜひインカレ出場を掴み取り、1試合でも多く魅せて欲しいもの

多くの魅力あるプレーヤーが活躍する大学サッカーの舞台
2014関東リーグも残り4節
熱い戦いを期待!!!






スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。